久留米商・高本投手が京都打線を1安打に抑えて完封、投手戦を制した。
 久留米商は2回、4番井上が死球で出ると盗塁を決めて無死二塁。護山ニゴロで三塁へ進み、福山四球、坂井三振、高本四球の二死満塁から、9番下川が押し出しの四球を選んで先制した。2回以降も6回を除いて毎回のように走者を出しながら得点できなかったが、9回一死から、1番早田が中前打、神代が左前打で一死一、二塁。平田の左前打で本塁を狙った二塁走者は刺されたが、二死一、二塁から井上の右前打で二塁から神代が生還した(走者は送球間にそれぞれ進塁)。さらに二死二、三塁から護山の左前打で二人が還り、福山四球のあと、坂井の左前打でもう1点を追加。四球を挟む6連打で一気に京都を突き放した。

 京都は2回一死から5番進谷が四球を選んだが、盗塁失敗。3回は7番酒井が四球で出ると、石橋の犠打と、吉永の一ゴロで二死三塁としたが、中村が右飛に倒れた。4回から6回までは走者が出せず、7回先頭の2番緒方がチーム初ヒットを右前に放ったが、矢頭の送りバントが二塁封殺され、4番小川もニゴロ併殺打でチャンスを生かせなかった。8回も一死から6番田辺が四球で出たが、ここも送りバントが二塁封殺され逸機。高本の前に1安打に抑えられ、久留米商の堅守を崩せなかった。

▼5回戦(21日・小郡)
久留米商 010 000 004=5
京  都 000 000 000=0

————————————————————————————

 この試合は何といっても久留米商・高本の好投に尽きる。右腕を大きく後方に伸ばして、そこからスリークォーター気味に腕を振って投げ込む直球に威力があった。この直球とスライダーを外角に集める投球が基本だったが、序盤はやや制球が定まらず2つの四球を与えたが、尻上がりに調子を上げていった。中盤以降は危なげなく、終盤二度にわたる送りバントを捕手の下川が二塁で刺す好守備にも助けられて、京都打線を1安打に抑えた。途中、エースナンバーをつけた遠藤投手がブルペンで肩を作る場面もあったが、救援を仰ぐことなく投げ切り4回戦の東福岡戦に続く完投となった。

 打線は2回に4つの四死球で労せず先制したものの、8回までわずか1安打。3回から8回まで6つの四死球に、2つの敵失を得たが、京都2番手・大杉のスライダーに手を焼いた。9回に疲れの見え始めた大杉から、四球を挟む6連打を浴びせてようやく突き放した。
 京都は右サイドハンドの吉永が先発。初回はテンポよく8球で三者凡退に抑えたが、2回に突如制球を乱し4四死球で1点を献上。4回先頭打者に四球を与え、被安打0のまま降板した。救援に立ったエース大杉はブレーキの良く利いた縦のスライダーが冴えわたり、4つの四死球を与えながらもこのスライダーで4つの三振を奪い、レフト前に落ちるポテンヒット1本に抑えて味方の反撃を待った。
 京都打線はいい当たりも随所に見せたが、野手の正面をついて6回まで無安打。7回先頭の緒方が右前にクリーンヒットを放ったが、8回も含めて走者を二塁に送ることができず、高本にプレッシャーをかけることができなかった。