センバツ8強の東海大福岡が、苦しみながら初戦を突破した。
 2点を追う東海大福岡は5回、先頭の7番中山が四球で出塁(代走・藤田)。橋本が送った後、安田は中飛に倒れたが、有安がセカンド左を破るタイムリーを放って1点を返した。7回は6番北川がレフトラバーフェンスに当たる二塁打で出塁。藤田が送った後、橋本の左前打で同点に追いついた。さらに8回、2番清水がセカンド内野安打で出ると、佐田が送って一死二塁。ここで4番遠藤が右前タイムリーを放ち、これが決勝点となった。

 北筑は初回、東海大福岡・安田の立ち上がりを攻め、長沢が左前打で出ると、続く増崎の時にヒットエンド・ランが決まって(中前打)、無死一、三塁。続く寺坂の時に増崎が盗塁を決めて二、三塁とし、寺坂がセーフティスクイズ。安田のグラブトスでタイミングはアウトだったが、走者にタッチした際にボールがこぼれて生還。さらにボールがファールグラウンドを転々とする間にニ走の増崎も本塁を突いて2点を先制した。2回は二死から8番大場が左中間を破る二塁打を放ったが、三塁を狙ってタッチアウト。3~5回も得点圏に走者を進めたが追加点を奪えなかった。6回以降は三者凡退に抑えられ、9回は先頭の4番山元が左中間二塁打を放って同点のチャンスを迎えたが、後続が安田に抑えられてあと一歩及ばなかった。 

▼2回戦(10日・中間仰木彬記念)
北   筑 200 000 000=2
東海大福岡 000 010 11x=3

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 センバツ8強の東海大福岡を相手に、大応援団の後押しを受けて北筑が大健闘を見せた。
 まずは初回、先頭の長沢がしぶとく左前に落とすと、増崎がセカンド左を破り、スタートを切っていた長沢は一気に三塁へ。さらに増崎が二盗を決めて二、三塁とすると、寺坂がセーフティスクイズ。タイミングはアウトだったが、捕手が完全捕球できていなかったか、長沢のヘッドスライディングの勢いに押されてボールが大きくこぼれ、二塁走者の増崎も一気に本塁を突いて2点を先制。ここまでわずか9球、得意の機動力を生かした見事な速攻だった。
 3回は二死から増崎が三塁線を破る二塁打を放ち、この日二つ目の盗塁を決め、寺坂四球で二死一、三塁とし、4番山元が快打を放ったがライト正面のライナー。4、5回も二死二塁とチャンスを迎えたが無得点に終わった。2~5回に追加点を奪っていれば流れを完全に掴むところだったが、あと一本が出なかった。
 先発はエース鬼塚ではなく、同じ2年生の右腕・秋山。球威はそれほど感じなかったが、変化球を低めに集めて6回まで3安打1失点と上々の内容。7回以降、4本のヒットを浴びて2点を失ったが、先発の務めは十二分に果たした。鬼塚は8回二死二塁の場面で登板、打者一人を詰まらせた遊飛に抑えた。二人ともまだ2年生、今後に期待がかかる。

 東海大福岡は序盤、北筑・秋山を打ちあぐんだ。甘く入ってきた球もあったが力みもあったか、序盤は外野フライを打ち上げる場面が目立った。3回は無死から8番橋本が中前打で出たが、安田の痛烈なあたりが投直となり併殺。4回も一死一、二塁の好機を生かせず、嫌な流れで中盤を迎えた。だが、この間、安田が相手にも得点を与えなかったことが大きかった。3回から5回までいずれも得点圏に走者を背負いながら、要所を締めて追加点を与えず2点差のまま持ちこたえた。
 すると打線がこの力投に応えるように5回に反撃。二死二塁から有安が直球を上から叩いてセカンドの左を破り、まず1点。6回は北川、橋本の右打者がそれぞれこの日2本目となるヒットを放って追いついた。安田も完全に自分のペースを取り戻し、6回から8回まで、それぞれ9球、6球、12球とテンポよく三者凡退で抑え、これで流れは東海大福岡に。8回は一死二塁から、ここまで無安打、前の打席では三振に打ち取られていた4番遠藤がその鬱憤を晴らすかのように痛烈な打球を右前に運んで決勝点を挙げた。

 北筑は9回、先頭の山元が左中間を深々と破る二塁打で最後の反撃を試みる。ここで東海大福岡はタイムを取り内野陣がマウンドで最後の円陣、北筑ベンチは代打・真砂を送り、試合は最後の山場を迎えた。真砂は送りバントを試みたが、安田が捕球すると迷わず三塁へストライク送球、山元を刺してピンチを脱した。それでも北筑はさらに代打・刀根を送り込み、再び送りバント。今度は成功して二死二塁とし、7番中村に最後の望みを託した。初球を叩いた中村の打球はセカンド左への面白い当たりとなったが、清水は捕球すると体勢を崩しながらも一塁で刺しゲームセット。最後は堅い守りで北筑の追撃を絶った。