Eパートはセンバツ8強の東海大福岡と、南部シードの祐誠によるベスト8争いが予想されますが、北部は北筑、折尾愛真などの実力校が入る激戦区となりました。

 東海大福岡はエース安田がセンバツで神戸国際大付や大阪桐蔭相手に好投し、その制球力、投球術が全国レベルであることを証明しました。打線は飛び抜けた選手はいませんが、俊足強打のトップバッター有安、遠藤、星野、安田らミート力のある左打者も揃い、どこからでも突破口を開くことができます。点差は開かなかったが内容的には完勝、という試合も多く、ロースコアの競り合いに強みを発揮します。順当ならベスト8にもっとも近いチームとなります。
 ただ、東海大福岡にとっては嫌な相手が続きます。初戦でぶつかる北筑は、1番増崎を起点に機動力を絡めた攻撃が持ち味です
。2年生左腕の鬼塚は粗削りながら勢いのある直球にカーブを絡めた攻めの投球を見せます。点の取り合いになれば、北筑にも勝機が巡ってきそうです。
 折尾愛真は昨秋4回戦で9回表まで東海大福岡を5-4とリードして追い詰めました。この試合で安田投手から右越え本塁打を放つなど3打点を挙げたのが主砲・松井でした。安田投手との再戦に注目が集まります。同校も点の取り合いを制する試合が多く、打ち合いに活路を見出したいところ。
 2年連続県大会出場の希望が丘は、春季大会で自由ケ丘を撃破。4月の福岡中央地区大会では初戦で飯塚に敗れましたが、3-6と僅差の試合でした。ノーマークにはできない一校です。小倉商は4月の北九州市内大会で実力校・豊国学園に競り勝ちました。右サイドハンドの若林はスローカーブでタイミングを外して打ち取るのが生命線。それだけに、内角を厳しく突けるかが問われそうです。

 南部も、シード・祐誠が中心です。
 祐誠は昨夏ベスト8の主力が抜け、秋春は結果を残せませんでしたが、筑後地区大会準優勝でシード権を獲得。昨夏3番として活躍した窪山が打線をけん引します。長打力のある打撃のチームとの印象が強かった昨夏とは一転、今年は失点が少なく、ロースコアで守り勝つ試合が目立ちます。は1年秋からマウンドに上がるエース山本が中心。全身を使った躍動感あふれるフォームから力のある直球を投げ込んできます。内野手を中心に前チームからの主力も残っており、祐誠と県大会を争うのはこのチームになりそう。
 昨夏初戦で優勝候補・福岡大大濠を破ってベスト4まで進出した福岡第一。今年も初戦にシード・祐誠と対戦します。ただ、昨夏の主力が抜けた今年は各大会でも目立った成績は残せておらず、昨年の再現は少しハードルが高いでしょうか。このほかでは昨秋パート決勝まで進んだ筑紫丘、春2勝の福岡中央などが、祐誠への挑戦権を争うことになりそうです。

校名 秋季大会 春季大会 地区大会
祐誠 2回戦  32-0朝倉光陽
3回戦  0-2八女工
1回戦  15-3香椎
2回戦  5-2柏陵
3回戦  4-2武蔵台
地区決勝 2-22九産大九州
1回戦  8-1明善
2回戦  9-2久留米
準々決勝 3-1朝倉
準決勝  5-3柳川
決勝   2-6福島
福岡第一 2回戦  3-2輝翔館
3回戦  2-1明善
4回戦  4-7福島
2回戦  5-2八女工
3回戦    7-8福岡
2回戦  2-4春日
柏陵 2回戦  1-3柳川 2回戦  2-5祐誠 2回戦  2-15博多
玄洋 2回戦  9-7有明高専
3回戦  2-7筑紫丘
2回戦  0-7香椎工 2回戦  5-9香椎工
筑紫丘 2回戦  8-2福岡工
3回戦  7-2玄洋
4回戦  8-0福岡
地区決勝 0-1福島
2回戦  3-10筑前 2回戦  5-6博多
春日 1回戦  8-1純真
2回戦  10-0伝習館
3回戦  0-2九産大九州
2回戦   10-0浮羽究真館
3回戦  4-7筑陽学園
2回戦  4-2福岡第一
3回戦  4-2香椎工
準々決勝 0-5博多
八女工 2回戦  12-2太宰府
3回戦  2-0祐誠
4回戦  1-7東福岡
2回戦   2-5福岡第一 1回戦  35-0朝倉光陽
2回戦  4-3輝翔館
準々決勝 1-8福島
八女農 2回戦  1-9筑陽学園 2回戦   2-3福翔
1回戦  5-4八女
2回戦  1-9久留米商
福岡中央 1回戦  1-8筑紫台 2回戦  8-1太宰府
3回戦  7-0山門
4回戦  2-11修猷館
2回戦  6-9福岡西陵
東海大福岡 2回戦  6-0東筑紫学園
3回戦  10-0小倉西
4回戦  6-5折尾愛真
地区決勝 4-2古賀竟成館
準々決勝 7-2久留米商
準決勝  2-0小倉工
決勝   2-11福岡大大濠
<センバツ>
1回戦  2-1神国大付
2回戦  11-8早稲田実
準々決勝 2-4大阪桐蔭
<九州大会>
2回戦  4-14神村学園
北筑 2回戦  5-8星琳 2回戦  5-3慶成
3回戦  21-0小倉商
4回戦  6-4折尾愛真
地区決勝 3-4古賀竟成館
1回戦  2-1慶成
2回戦  7-1自由ケ丘
準々決勝 5-6小倉工
高稜 2回戦  6-2宇美商
3回戦  1-2青豊
2回戦  0-15真颯館 1回戦  10-9小倉東
2回戦  1-3戸畑工
希望が丘 2回戦  6-5自由ケ丘
3回戦  1-8育徳館
1回戦  3-6飯塚
須恵 2回戦  0-9北九州市立 2回戦  12-0田川科技
3回戦  0-5嘉穂東
1回戦  4-12福岡魁誠
折尾愛真 2回戦  13-0筑豊若商行橋
3回戦  不戦勝 苅田工
4回戦  5-6東海大福岡
2回戦  11-9星琳
3回戦  12-2京都
4回戦  4-6北筑
1回戦  3-0北九州
2回戦  6-12小倉工
小倉商 2回戦  7-9門司学園 2回戦  6-0玄界
3回戦  0-21北筑
1回戦  3-2豊国学園
2回戦  1-5若松
田川 2回戦  4-6豊国学園 2回戦  12-7筑豊若商行橋
3回戦  1-11光陵
2回戦  7-5中間
3回戦  7-15飯塚