第99回全国高校野球選手権福岡大会の開幕(7月8日・土)まで1カ月を切り、抽選日(23日・金)は来週末に迫りました。いよいよ今年も夏に向けたカウントダウンが始まりました。例によって対戦相手が決まる前に、今年の福岡大会について展望してみたいと思います。まずは北部から。

 今年の北部のシード校は、センバツ出場校の東海大福岡、春の福岡大会3位の九州国際大付、同4位の真颯館、昨秋福岡大会ベスト4の小倉工、4月の福岡中央地区大会優勝の飯塚、春の福岡大会ベスト8の古賀竟成館東筑、残る1枠を累計ポイントで並ぶ自由ケ丘八幡が争うことになると思われます。ただ、シード漏れした中には小倉、常磐、豊国学園、折尾愛真、北筑、戸畑工、北九州など力のあるチームも多く、今年も県大会を巡る争いは激しくなりそうです。

 センバツ8強の東海大福岡は、センバツ2回戦の早稲田実戦で15安打を放つなど打線が爆発しましたが、本来は機動力を絡めて粘り強く得点を奪い、エース安田を中心とした堅い守りで競り勝っていくのが持ち味。右サイドハンドの安田投手は昨秋、直球やスライダーをきわどいところに投げ込む絶妙の制球力で甲子園を掴みました。連投も利くタイプでスタミナも十分ですが、センバツ後の九州大会、招待野球で打ち込まれているのが少し気になるところ。2番手以降の投手が手薄で、よくも悪くも安田投手の出来が、春夏連続出場の命運を握っているといえそうです。
 昭和21~26年に6連覇を成し遂げた小倉以来となる夏4連覇を狙う九州国際大付は、昨夏のマウンド経験もあるエースの前田投手が、ひと冬越して大きく成長しました。左腕・森田なども控え、投手陣の層の厚さは昨年以上といえそう。打線は俊足強打の山脇、鳥井、中村ら昨夏甲子園メンバーを中心に今年も足を使った攻めを見せてきます。例年、春から夏にかけて大きくチーム力を伸ばしてくるだけに、今年も目が離せません。
 昨夏ベスト4の真颯館は、和知、桜田、橋本、高木の1~4番がそっくり残り、打線の力は県内でも屈指。昨夏エースナンバーを背負った高木に代わってマウンドに立つ左腕・末松は、鋭いスライダーを武器に高い安定感を誇ります。昨年までは大事な試合を落とす脆さもありましたが、今春はベスト4、4月の北九州市内大会では優勝するなど、ここにきて勝ちグセもついてきました。一発逆転を狙う力を秘めています。

 この3校に続くのは小倉工、東筑、小倉などの公立勢でしょうか。昨秋ベスト4の小倉工は、武田、江口らを中心とした打棒が売り。北九州市内大会では4試合で39得点を叩き出しました。右腕エース橋本は変化球を低めに集め、昨秋準決勝では東海大福岡・安田と投手戦を演じました。春ベスト8の東筑も水上、盛田、菊池の中軸に長打力があります。投手陣は2年生の石田投手が急成長を見せており、招待野球では日大三を相手に完封。右サイドハンドから、内外角に伸びのある直球を投げ込んできます。小倉は秋、春とも結果を残せておらず今年はノーシードでの戦いとなりますが、1年秋には九州大会も経験した中野投手をはじめ、直球に威力のある河浦、左サイドハンドの川島と投手力は質量とも充実。ここまでは得点力不足に泣いてきただけに、打線の奮起が期待されます。

 昨秋ベスト8の八幡は、右サイドハンド平仙を中心とする守りのチームという印象でしたが、北九州市内大会2回戦では常磐の好投手末廣から9点を奪い、打線も力をつけていることを印象づけました。同じく秋ベスト8の自由ケ丘は春は初戦で希望が丘に延長戦で敗れ、北九州市内大会も2回戦でいいところなく敗れるなど、調子が上がってきません。打線に昨年のような爆発力がなく、投手陣も宇都宮を中心に複数の投手が投げていますが、いずれも安定感に欠ける印象です。夏までにどこまで戦力を整えてくるかが注目です。飯塚は昨秋は九州国際大付、春は小倉工に敗れるなど実力校に苦杯を喫してきました。4月の福岡中央地区大会優勝で何とかシードを確保しそうですが、東海大福岡不在の中での優勝だけに多少の割引は必要かもしれません。実力校と対戦した時に真価が問われそうです。古賀竟成館は機動力を使った攻撃で、昨秋は小倉などを下してパート決勝進出、春はベスト8入りを果たしました。左の黒田、右の恵良など投手陣を守備が盛り立て、粘り強い戦いぶりで上位進出を狙います。

 伏兵勢も多士済々です。常磐は北九州市内大会で東筑、八幡に打ち勝ち、準決勝では真颯館の好投手・末松から11安打したように打力があります。大型右腕・末廣は重そうな直球と切れのあるスライダーが武器で、八幡戦では13奪三振。細かな制球力がついてくると楽しみな存在です。北九州市内大会準優勝の戸畑工は、エース高橋が直球に変化球を絡め、コーナーを突く投球を見せます。昨夏ベスト8の北九州は、瀬崎や福森など前年のレギュラーが打線をけん引。春の大会では小倉、戸畑工を破るなど、今年も旋風を起こす力を備えています。北筑は機動力を使った攻撃と、威力ある直球を投げ込む左腕鬼塚の好投で北九州市内大会では自由ケ丘を圧倒しました。豊国学園は昨夏のマウンドを経験し制球のよい大嶋投手の安定感、折尾愛真は1年時から4番に座る左の長距離打者・松井を中心とした打力が魅力。昨夏ベスト8の星琳は今年も得点力が高く、4年連続の県大会を目指します。