8回から再登板したエース・梅野雄の力投などで、九産大九産が粘る福岡第一を振り切った。九産5-4福岡一4

 九産大九産は1回、福岡第一先発・比嘉の立ち上がりを攻め、一死後川口が四球を選ぶと、二死後、4番・堀川の右翼線二塁打で二、三塁とし、5番・森岡が詰まりながらも左前に運んで2点を先制した。同点とされた直後の4回は、この回先頭の7番・梅野雄が右前打で出ると来嶋が送って一死二塁。樋口も右前打で一、三塁とし、1番・加治の中前打で勝ち越した。さらに川口もバントヒットで出塁して一死満塁から、只松が押し出し四球、堀川の左犠飛でこの回3点を奪った。
 福岡第一は2回、この回先頭の4番・藤本がレフトフェンスを直撃する二塁打で出塁。桃原も中前打で無死二、三塁。6番・三宅は浅い中飛に倒れたが、続く後藤の右犠飛で1点を返した。3回にはこの回先頭の9番・浅川が左越え本塁打放って同点に追いついた。
 3点を追う6回には、この回から九産・森岡適時打マウンドに上がった九産大九産の3番手・李から3番・川越が遊ゴロ失で出ると、盗塁を決めて無死二塁とし、続く藤本の左前打で1点を返した。7回には、この回からマウンドにあがった九産大九産の4番手投手を攻め、二死から2番・具志堅が死球で出ると、川越の左翼線安打で一、三塁とし、藤本が三遊間を破って1点差に迫った。9回も無死から浅川が中前打を放ったが、8回から再登板した梅野雄に後続を断たれた。福岡第一としては、得点を挙げた後の6回一死一、三塁、7回二死一、二塁の好機を逃し、同点に追いつけなかったのが痛かった。

ーーーーーーーーーーーー

 注目された九産大九産・梅野雄の投球だったが、この日は立ち上がりから直球があまり走っていないように感じた。2回は藤本、桃原に連打を浴九産・梅野び、犠飛であっさり失点。3回からはスライダーを使いだしたが、そのスライダーが内角やや甘く入ったところを浅川に一発を浴びた。制球重視でやや抑え気味に投げていたようにも見えたが、実際はどうだったか。それでも徐々にスライダーが切れるようになり、4回を投げ終わったところで一度降板した。8回から再びマウンドに上がったが、投球フォームに荒々しさが出て、本来の球の勢いが戻ってきた。8回は2奪三振、9回は浅川に詰まった当たりの安打を許したが、スリーバント失敗を含めて3者連続三振と圧巻の締めくくりを見せた。
九産・本城 九産大九産は梅野雄のほか、3人の投手が1イニングずつ登板した。本城は手首のスナップを利かせて、ホップする球を投げる右アンダーハンド。球威がない分、梅野の後に出ると目先を変える効果はありそうだが、長いイニングはどうか。2番手投手の背番号10をつける李は、春季大会初戦の太宰府戦で先発・完封(5回)した。この日はやや球が高く被安打2。4番手投手(名前未確認)はやや細身の右腕で、カーブを軸にした投球を見せた。コントロールはよさそうだが球威はさほどなく、死球を挟んで3連打を浴びた。九産・李
 打線はこれまで4番に座っていた梅野雄が7番にまわり、昨秋決勝で本塁打を放った堀川を4番に据え、前後を只松と森岡が固めた。福岡第一・比嘉の力のある直球に負けることなく、変化球も逆らわずに右方向に打ち返す打撃を見せ、4回途中までに8安打を浴びせてKOした。昨秋は出番のなかった加治が1番に入って2安打、堀川も二塁打に犠飛、森岡は3安打と気を吐いた。夏は打線の援護が不可欠なだけに、この日の内容は明るい材料と言えそうだ。

福岡第一・比嘉 福岡第一は左腕・比嘉が先発。小柄ながら直球の勢いは、梅野に勝るとも劣らないものがあったが、高く浮いた分、詰まらせながらもヒットになるシーンが目立った。4回途中まで4三振を奪いながら被安打8という数字が、この日の出来を象徴している。スライダーも含めて低く決まるようになると、球威が生きてきそう。
 2番手の藤野は長身の右腕、背番号1を背負う。この長身を丸め込むようにして、サイドハンドから直球とスライダーを投げ込んでくる。4回は微妙なコースが外れ押し出し四球と犠飛で2点を許したが、5回以降は1安打・無四球。スライダーをコーナーに集め、徐々に直球にも力が出てきた。7回の無死一、三塁をしのぐと、8~9回はテンポよく4つの三振を奪い3人ずつで片づけた。いずれも調子の波はあった福岡第一・藤野ものの実力の片鱗を見せ、ともに力のある好投手との印象を強くした。

 打線は中軸の川越、藤本、桃原に力がある。特に4番・藤本は長打力を秘め、2本のタイムリーを放つなど勝負強さもある。桃原も梅野の直球を叩いて痛烈な中前打を放つなど、相変わらず直球に強いところを見せた。中軸の前に走者を出せるかがカギとなりそうで、1、2番の出塁率アップが得点力に影響しそう。1失策はあったが守備も堅く、県大会出場の力は十分ありそうなだけに、ノーシードとして登場する夏はダークホース的存在として注目されそうだ。