2015九州大会_秋2
 第137回九州地区高校野球大会の第2日は2回戦の残り5試合が行われ、ベスト8が出揃いました。
 九州学院(熊本2位)と対戦した福岡1位の九産大九産は、2回に先制すると4回にも1点を追加し3-0と序盤に試合の主導権を握ります。4回に2点を失いますが5回以降は梅野投手が追加点を与えず、8回には貴重な追加点を挙げて4-2で初戦を突破しました。準々決勝は富島(宮崎2位)を11-1と5回コールドで一蹴した優勝候補の鹿児島実と激突、勝てば来春のセンバツ出場へ大きく前進する大一番となります。

 秀岳館(熊本1位)と明豊(大分2位)の一戦は、終盤もつれる展開となりましたが、4-2で秀岳館が競り勝ちました。初日に1回戦を勝ち上がった鹿児島3位の2校のうち、樟南は佐賀1位の佐賀商に11-8と打ち勝ちましたが、大島は臼杵(大分1位)に3-4と追撃及ばず敗れ、明暗を分ける結果となりました。

 大会3日目の26日は準々決勝4試合が行われ、来春センバツ選出の目安とされるベスト4が出揃います。

<第2日の結果>
【県立鴨池野球場】
◆2回戦
 秀 岳 館(熊本1)000 000 211=4
 明   豊(大分2)000 010 010=2
◆2回戦
 九産大九産(福岡1)020 100 010=4
 九州学院 (熊本2)000 200 000=2
◆2回戦
 臼  杵(大 分1)301 000 000=4
 大  島(鹿児島3)000 003 000=3
【鴨池公園野球場】
◆2回戦
 佐 賀 商(佐賀1)000 161 000=8
 樟  南(鹿児島3)600 401 00x=11

◆2回戦(5回コールド)
 鹿児島実(鹿児島1)047 00=11
 富  島(宮 崎2)100 00=1

<第3日の試合予定>
◆準々決勝
【県立鴨池野球場】
樟南(鹿児島3)ー日南学園(宮崎1)/九産大九産(福岡1)―鹿児島実(鹿児島1)
【鴨池公園野球場】
八重山(沖縄1)―秀岳館(熊本1)/海星(長崎1)―臼杵(大分1)