第137回九州地区高校野球大会への出場権をかけた福岡大会が北部、南部で開幕しました。第1日の29日は北部で6試合、南部で7試合が予定されていましたが、このうち大牟田延命球場の第3試合・城南ー福岡常葉が雨のためノーゲームになっています。

 北部では、中間市営球場の第3試合で夏の大会ベスト8の希望が丘が小倉南と対戦。3回二先制するとその後も着実に加点し、8-2で快勝しました。筑豊緑地野球場では第1試合で北九州市内新人大会ベスト8の北九州市立が7回コールドで中間を下しました。

 南部では久留米市野球場の第1試合にシードの西日本短大付が登場、浮羽究真館と対戦しました。3回に2点を先制すると中盤にも追加点を奪い、6-1で1回戦を突破しました。また大牟田延命球場の第1試合では、今春センバツ出場の九産大九州が、昨年の筑後地区1年生大会準優勝の久留米高専との初戦を迎えました。試合は3-0と九産大九州リードで終盤に入りましたが、7回に久留米高専が2点を返して1点差に迫る展開に。それでも九産大九州がその裏に3点を挙げて突き放し、そのまま逃げ切りました。この他では、昨年福岡地区1年生大会ベスト4の福岡工も三瀦に7-3で勝ち、2回戦にコマを進めています。

 30日は北部で3試合が行われる予定で、シード・自由ヶ丘が京都の挑戦を受けます。南部では4球場で12試合が予定されており、シード・筑陽学園が九産大九産との一戦を迎えるほか、東福岡、福岡大大濠などの強豪も登場します。

<29日の試合結果>
【北部】
2回戦(中間市営)
新   宮 000 000 000=0
稲築志耕館 000 000 10x=1
回戦(中間市営)◆8回コールド
築 上 西 000 000 01 =1
青   豊 100 130 03 =8
2回戦(中間市営)
希 望 が 丘 001 012 130=8
小 倉 南 000 002 000=2
2回戦(筑豊緑地)◆7回コールド
中   間 000 000 1  =1
北九州市立 200 106 X  =9
2回戦(筑豊緑地)
田   川 210 020 120=8
小 倉 西 031 000 002=6
2回戦(筑豊緑地)
西 田 川 000 002 010=3
戸   畑 022 010 12x=8

【南部】
回戦(桧原運動公園)
福 岡 工 001 100 500=7
三   瀦 000 200 100=3
1回戦(桧原運動公園)
筑   紫 000 000 000=0
福   岡 010 000 01x=2
1回戦(久留米)
西短 大付 002 013 000=6
浮羽究真館 000 000 001=1
1回戦(久留米)
福岡 中央 100 010 250= 9
筑   前 303 100 012=10
1回戦(大牟田延命)
久留米高専 000 000 200=2
九産大九州 100 020 30x=6
1回戦(大牟田延命)◆5回コールド
久留米筑水 000 00     = 0
春   日 112 6x     =10
2回戦(大牟田延命)◆雨天ノーゲーム
城   南 210 102    =6
福岡 常葉 002 10     =3

<30日の試合予定> ※赤字はシード校
【北部】
▼中間 (2回戦)自由ヶ丘ー京都/高稜ー嘉穂東/玄界ー八幡南

【南部】
▼桧原 (2回戦)伝習館ー柏陵/久留米ー博多工/九産大九産ー筑陽学園
▼小郡 (2回戦)修猷館ー福岡大大濠
/福岡農ー柳川/早良ーありあけ新世
▼久留米(2回戦)輝翔館ー大牟田北/南筑ー西南学院/東福岡ー中村三陽
▼大牟田(2回戦)筑紫台ー香椎工/明善ー筑紫中央/玄洋ー三井

2015秋季福岡大会2