Dパート・南部は最激戦パートとなりました。まず今春センバツ出場校の九産大九州に注目が集まります。甲子園を経験した岩田(=写真)・中浜のバッテリーをはじめ、4番・尾崎、内野の吉田、神野などが健在です。投手陣にはサイドハンド・舩越、右上手の大津なども控え、守りは鉄壁といってよさそうです。
九産大九州・岩田2 しかし県大会への道のりは平たんなものではなさそうです。3回戦では筑後地区新人大会ベスト4大牟田がまず立ちはだかりそうです。夏は県大会目前で朝倉に敗れましたが、中軸を担っていた山田、浦瀬、捕手の釘崎ら主力が残り、投手は夏を経験した平川らがマウンドを引き継ぎます。2年生は昨年の筑後地区1年生大会で優勝。九産大九州にとっては手ごわい相手となりそうです。秋季D
 そしていずれが勝っても、4回戦はシード・福岡第一との対戦が濃厚です。こちらも昨年の福岡地区新人大会で優勝。トップバッターの藤本をはじめ5番・居石、6番・川越、7番・桃原などの好打者が残りました。投手陣は左腕・比嘉、長身のサイドハンド・藤野ら。目が離せない戦いが続きそうです。
 さらにもう一方のパートには夏の大会準々決勝で九州国際大付を苦しめた左腕・森田のいる朝倉、右腕・阿部を擁する沖学園が入りました
。2年連続で夏の県大会出場を果たしている柳川も復活を狙います。

 北部のシードは甲子園帰りの
九州国際大付。夏の甲子園準々決勝から1カ月足らずで初戦を迎えることになります。レギュラーで残ったのはライト・中山だけですが、右の本格派・藤本など実力ある選手が多いのが強み。シードされた結果、組み合わせには比較的恵まれた印象で、試合をこなしながら戦力を整えていくことになりそうです。
東筑紫・堀渕 対抗馬は左腕・梅田がいる東筑でしょうか。主力は抜けましたが伝統の堅い守りと機動力を使っての競り勝ちを目指します。東筑紫学園も右サイドハンドの堀渕(=写真)、4番・大岐など2年生が多くの残りました。夏の初戦・希望が丘戦では好投しながらエラーから崩れましたが、持ち味の丁寧な投球ができれば上位進出も期待できます。この他では嘉穂直方の筑豊勢が打倒・九国に向けての先陣争いを繰り広げることになりそうです。