【観戦記】朝倉6-5星琳(選手権大会5回戦)

【試合経過】
 終盤、驚異の粘りを発揮した朝倉が、最後は星琳内野陣の乱れもあってサヨナラ勝ち。乱戦にけりをつけた。朝倉サヨナラ
 4点を追う朝倉は8回、一死から8番・中野が右前打で出塁。重松は三飛に終わりチャンスは潰えたかにみえたが、1番・井上東が中前に運ぶと、続く吉澤が左翼線に二塁打を放って二者が生還、2点差とした。9回は先頭の4番・塚本が死球で出ると、藤本の当たりは三遊間の緩いゴロとなったが、打球を処理しようとした三塁手がお手玉(記録は失策)。森田が送って一死二、三塁と一打同点のチャンスを作った。代打・古賀は三振に倒れて二死となったが、中野がしぶとく左前に落として二者が生還、土壇場で同点に追いついた。さらに朝倉は重松が左前打、井上東の三塁前のボテボテの当たりが内野安打となって満塁とすると、吉澤の詰まった当たりをショートがバウンドを合わせられずはじき、中野がサヨナラのホームを踏んだ。

 中盤までは星琳が優位に試合を進めた。2回一死から5番・藤本が中前打で出ると、中村伊が送った二死二塁から鬼塚が中前に落として先制。その後は、朝倉の先発・森田のカーブに手こずったが、6回から登板した重松の代わりばなを攻め一死から3番・元田が左前打。菊地、藤本も右前、左前に単打を放って一死満塁とし、中村伊の代打・大川が中犠飛を打ち上げて勝ち越し。なお二死一、三塁から一塁走者・藤本が盗塁を決めて二、三塁とし、鬼塚の三遊間のゴロをサードがグラブに当てながらはじき(記録は失策)、二者が還ってさらに2点を追加した。7回にもこの回先頭の9番・菅家が遊ゴロ失で出塁すると、京橋が送り一死二塁。続く嶋の時に暴投で、菅家が一気に二塁から生還。4点差として勝負あったかと思われたが、6回から登板した平城が終盤につかまった。

▼5回戦(20日・小郡)
星 琳 010 003 100=5
朝 倉 000 010 023=6

————————————————————-
 8回表が終わった段階で5-1。5回までに7安打を浴びた先発・中村伊を6回からリリーフした星琳の2番手・平城は、6~7回と四死球2つを与えたが朝倉打線を無安打に抑えており、逆転の雰囲気は感じられなかった。雰囲気が変わり始めたのは8回裏、朝倉・森田二死一塁から井上東の中前打に続き、吉澤が左翼線に二塁打を放って2点を返した辺りからだったか。2点差としてなお走者二塁。一塁側スタンドに詰めかけた朝倉の応援団がボルテージを一気に上げる。この回は何とか抑えた平城だが、9回表に朝倉・重松が三者凡退に抑えて再び沸き立つ一塁側スタンドの重圧をまともに受けてしまったか、9回先頭の塚本に死球を与えてしまう。ここから試合の流れは、急速に朝倉に傾き始める。

 続く藤本の当たりは、高いバウンドとなって三遊間ややショート寄りへ。サードがカットして一塁送球…す星琳・平城るはずだったが、ボールが手につかず無死一、二塁。森田が犠牲バントを決めて一死二、三塁と絶好の同点機を作った。ここで平城は代打・古賀を渾身のストレートで三振に討ち取り、勝利まであとアウト一つにこぎつける。しかし中野に詰まりながら左前に運ばれ、三塁走者に続いて二塁から藤本も本塁を突く。タイミングは完全にアウト、試合終了かと思われたが、球審が大きなゼスチャーで両手を何度も広げる。ヘッドスライディングで突入してくる走者に上からミットをかぶせる、いわゆる追いタッチとなって手が先にホームに触れたのだろう。呆然とする三塁側の星琳ベンチ。三度の守備のタイムはすでに使い切っており、なす術がない。
 押せ押せの朝倉は続く重松が左前に運び、井上東の三塁前のボテボテのゴロが内野安打となる。これで三連打、もう勢いは止まらない。吉澤のショート正面への緩いゴロを、少し待って捕ろうとしたショート・嶋のグラブを無常にも弾いた白球が外野に転々とする中を、中野が両手を挙げて生還。逆転劇が完結した。

 星琳の9回裏の守備は余裕がなかった。2点差があったが、コツコツつな星琳・大川犠飛いでくる朝倉打線のしぶとさに、あるいは一塁側スタンドを中心とした異様な球場の雰囲気に焦りが出たのかもしれない。ただ、最後の吉澤の遊ゴロは、試合終盤でグラウンドが荒れている中での勢いのない打球、内野手にとっては嫌な当たりだった。慎重に待って捕ろうとした分、最後に多少バウンドが変わったようにも見え、星琳にとっては不運な面もあった。

 朝倉の投手陣もよく投げた。特に先発の左腕・森田は、外角低めによく直球が決まり、カーブも効果的で的を絞らせなかった。重松は代わりばなの6回こそ直球を連打されたが、徐々に調子を上げ、8回、9回と三者凡退に抑えて攻撃にリズムを作った。打線もしぶとい打撃で13安打を放ったが三度の無死一塁で送りバントがことごとく失敗。守りでも2つの内野失策が失点につながった。このあたりは次戦に向けた課題となりそうだ。

 星琳の先発・中村伊はボールが先行する投球で、この日も調子はピリッとしなかった。それでも相手のバントミスや味方の好守にも助けられ、5回1失点で粘りを見せた。2番手・平城も直球が走り5つの三振を奪ったが、たまに高めに抜ける球があり、これが9回先頭打者への死球につながった。守りでは4失策。5回の1失点も、一死一、三塁での二ゴロで併殺を狙った二塁送球が逸れたもの。大事なところで出たわずかな隙を朝倉に突かれる形となった。







Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*