第135回九州地区高校野球福岡大会 南部3回戦 (2014年9月13日・土/桧原運動公園野球場)
TEAM  一 二 三 四 五 六 七 八 九 十  R  H E
福 工              6 
大 濠             12 
【福】築城→津秋→野田 【大】濱地→坂本


【試合経過】
 福岡工が終盤の福大大濠の猛攻をしのぎ、中盤に奪ったリードを辛うじて守り切った。

 3回まで福大大濠の先発・濱地の前に無安打に抑えられていた福岡工は、4回一死から3番打者が四球で出塁。牽制悪送球で二塁に進むと二死後、堀切のチーム初安打となる中前打で還り先制。5回にはこの回先頭の6番・築城が二塁左への内野安打で出ると犠打で二進、続く井口が左前打を放って一死一、三塁となったところで、福大大濠の投手は左腕の坂本に交代。その初球がワイルドピッチとなって築城が生還、1点を追加した。6回にも3、4番の連打と盗塁で無死二、三塁とし、一死後、築城の二ゴロ失でまず1点。三振、四球で二死満塁となった後、代打・古川がライト前に落ちるヒットを放ってさらに1点を加え、リードを広げた。

 福岡工先発・築城から2回を除く毎回安打を放ちながら得点できなかった福大大濠だが、7回に先頭の山口が左前打で出ると二つの内野ゴロで三塁まで進み、ワイルドピッチで生還、ようやく1点を返した。8回は、その表の攻撃で負傷退場した築城を急遽リリーフした2番手・津秋を攻め、2番・高田四球のあと、福元、古口がいずれも中前打を放って1点を追加。9回も8番・坂本の中前打、松本の四球、田中嗣の三塁前バントが内野安打となり無死満塁。高田の犠飛で1点を返した後、福元も中前打で続き、一死満塁と一打サヨナラのチャンスを作ったが、ここで救援のマウンドに立った3番手・野田に後続が抑えられ、あと一歩及ばなかった。

———————————

 福大大濠は背番号10の濱地投手が先発。いまや少数派となったワインドアップからの投球で、柔らかなフォームから直球とカーブをテンポよく投げ込む。福岡工打線がじっくり球を見てきたこともあったが、特にこの日はカーブがよく決まっていた。5回途中で降板するまで被安打3、与四球2、奪三振4とまずまずの投球。コントロールもよく安定感がある。

大濠先発投手
 福岡工の先発はエースナンバーをつけた築城投手。体は決して大きくないが全身を使った大きなフォーム。腕もよく振れており、直球に力がある。2回を除いて毎回の7安打を許したが、味方の好守にも助けられて7回1失点。福大大濠打線は福岡工と対照的に早打ちが目立った。外野への大きな当たりもあったが、間を破ることがなかなかできなかった。

福岡工・築城投手

 先制したのは福岡工。4回二死二塁から5番・堀切がショート右へのゴロを放つ。遊ゴロかと思われたが、ショートが一歩及ばずセンター前に抜けるタイムリーとなった。

福岡工・堀切適時打

 5回一死一、三塁となったところで、福大大濠のマウンドには左腕・坂本投手が上がるが、初球が暴投となって1点を失うなどコントロールに苦しんだ。6回も3安打に味方の失策もあって2点を失う。ただ7回からはストライクが先行、落差あるカーブも決まり始め、9回までの3イニングスは無安打に抑えた。

福大大濠・坂本投手


このまま福岡工が逃げ切るかと思われたが、8回表二死で打席に入った築城がファールチップを目に当てて倒れ込み退場。8回裏からはサードの津秋が急遽、マウンドへ。ハーフスピードの直球とスローカーブで目先を変える投球でのぞんだが、確実なミート打法を見せる福大大濠打線に通用せず、四球と2本の中前打であっという間に1点を失う。続く一死二、三塁のピンチは何とか抑えたが、一気に緊迫感が高まる中、試合は9回へ。

福岡工・津秋投手
9回裏の福大大濠はヒット、四球、内野安打で瞬く間に無死満塁。福岡工スタンドからはストライクが1球入るたびに大きな歓声があがり、福岡工・森山監督も懸命の激を飛ばすが、続く打者に中犠飛を許して1点差に。次打者にも中前打を浴び、再び満塁となったところで遂に投手交代の決断。押せ押せの福大大濠ベンチからも各選手から打者に声援が飛ぶ。

福岡工ベンチ大濠ベンチ
 騒然とする中でマウンドに上がったのは背番号10の野田投手。右上手からの直球は威力がありそう。左打者の膝元に落ちてくるカーブもいい。いきなり4番・古口との対戦となったが捕邪飛に打ち取り二死。次打者はセンター前にふらふらと上がる飛球となったが、最後は倒れ込みながらセンターが捕球して試合終了。最後は手に汗握るシーンの連続だったが、辛くも福岡工が逃げ切った。

福岡工・野田投手福岡工勝利の瞬間

福岡工勝利の瞬間2