第135回九州地区高校野球福岡大会 北部1回戦 (2014年9月6日・日/光陵グリーンスタジアム)
 TEAM    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    R H E
戸 畑 工              
八 幡 南   
           

【戸畑工】 打安点 【八幡南】 打安点
⑦ 上 田 300 ⑤ 早 野 201
⑥ 宮 原 300 ② 中 川 300
⑨8霜 田 310 ⑥1廣 澤 310
③ 溝 尻 200 ④6原 田 210
⑤ 竹 下 200 ⑦  島  321
H 成 重 100 4 木 寺 000
④ 大 坪 300 ⑧ 吉 田 101
② 中 田 210 H8宮 原 100
① 広 川 100 ③ 吉 元 421
1 馬 場 000 ①7今 井 200
H 福 重 100 ⑨ 上 野 322
1 岩 男 000
⑧ 小 俣 100
H9山 下 100          
振四犠盗残  2320  振四犠盗残   2480
21003      17459             
 ※公式記録とは異なる場合があります
 

【試合経過】
 八幡南が8安打に7四死球と5盗塁を絡めて効率よく得点、守っては今井投手の好投で完封勝ちした。
 八幡南は1回一死から2つの四死球で一、二塁の先制のチャンスを作ると、原田は二ゴロで二塁封殺され二死一、三塁となったが、島がセカンドの右を破るタイムリーを放って先制した。4回には右前打で出た吉元を犠打で二塁に進めると、上野が三遊間を破って一死一、三塁とチャンスを広げ、早野の右犠飛で1点を加えた。
 5回には右前打の霜田を犠打で二塁に送り、島の一塁強襲安打で一、三塁とすると、吉田のスクイズでまず1点。吉元の三ゴロ失で島が二塁から還って2点目。今井が四球で歩いて二死一、二塁から上野が左翼線への二塁打を放って二者が生還。四球を挟み、中川の二ゴロ失でさらに1点を加え、この回5点を奪った。6回には原田が四球で出るとすかさず盗塁し島の二ゴロで三進。代打・宮原は倒れたが、続く吉元のレフトオーバーの二塁打で1点を加えて、ダメを押した。

 戸畑工は八幡南の先発・今井を打ちあぐみ5回まで走者を出せなかったが、6回に先頭の中田が右前に初安打を放って出塁。しかし後続が倒れて得点をあげられなかった。7回にも、この回からマウンドにあがった廣澤から一死後、霜田が投手グラブをはじく内野安打で出塁。溝尻も四球で歩き一死一、二塁と最後の反撃を見せたが、後続が続かず無得点に終わった。

————————————————————–

 八幡南は背番号9の今井投手が先発のマウンドに。セットポジションから早いテンポで、外角低めへの直球をポンポンと投げ込んでくる。時折カーブも投げていたが、この日は直球が大半を占めた。6回までに奪った18個のアウトのうち12個が内野ゴロによるもの。低めに制球されていたことの証左であろう。もう少し下半身が使えてくれば球速もさらに上がりそう。

八幡南・今井投手

 対して戸畑工は背番号1の広川投手。右のサイドハンドだ。初回はコントロールに苦しみ3つの四死球を与えた。2回は三者凡退に抑え、3回も二死まで簡単にとったが、好投もここまで。このあとマウンドを降りる5回途中までに6本のヒットと3つの四球を与えて7点を失った。全体的にまだ手先だけで投げている印象。

戸畑工・広川投手

 【写真下=八幡南1回二死一、三塁。島が先制点となる右前タイムリーヒットを放つ。投手・広川】

八幡南・島適時打

戸畑工・広川投手が降板し、マウンドを引き継いだ馬場が5回を抑えると、6回からは岩男投手が登板。右上手から直球とカーブを交えた投球を見せた。スピード、制球力ともまだこれからという印象だったが長身で腕が長く、投手向きの体格だ。

戸畑工・岩男投手

【写真下=八幡南、6回二死三塁。吉元のレフトオーバーの二塁打で原田が8点目となるホームイン】

八幡南・原田生還

 7回表にはショートを守っていた廣澤がマウンドに。球は重そうだが、ややコントロールに苦しんだ印象。

八幡南・廣澤投手