7月22日(火)は東筑、青豊、筑紫の公立校3校が登場しました。
 まず第1試合では東筑が優勝候補の一角・東福岡と対戦。この日も午前中から厳しい暑さとなりました。

東筑・溝尻2

東筑の先発は背番号1の溝尻夏吹投手(3年)。今大会3試合目の登板ですが、先発は初めてとなります。

東福岡・浜田3

対する東福岡は4回戦で好投を見せた左腕の浜田駿投手(3年)が、前回に続いて先発のマウンドです。

東筑先制

序盤は両校無得点でしたが、4回裏に東筑が樽谷雄大選手(3年)のタイムリー2塁打で2点を先制します。

葛谷監督指示

今大会初めて先制された東福岡は、5回表の攻撃前に葛谷監督が選手に指示を与え反撃をうかがいます。

東福岡・森

東福岡は5回裏から森翔平投手(3年)を投入して流れを変えに出ます。

東福岡スタンド2

東福岡はようやく8回表に1点を返して1-3。2点差まで迫り東福岡スタンドのボルテージもあがります。

東筑勝利1

それでも東福岡打線は溝尻投手を最後まで攻略できませんでした。9回最後の打者をセンターフライに打ち取り、それまで淡々と投げていた溝尻投手にようやく笑みがこぼれます。

東筑勝利

今大会いちばんの番狂わせとも言える試合。東筑が今大会で、もっとも輝いた瞬間でした。

————————————-

第2試合はいずれもノーシードから勝ち上がってきた青豊と筑紫の一戦。特に筑紫は初の県大会での試合となります。

筑紫・貞光

躍進の原動力は2年生の貞光旦就投手。右打者の外角低めにドロッと落ちる変化球が武器です。

青豊・先発

青豊は背番号1のエース・江原翔輝投手(3年)。無駄のないきれいな投球フォームが印象的でした。

筑紫先制

先制したのは筑紫。2回裏に津村亮仁選手(3年)のセンター前ヒットで通山新平選手(3年)が先制のホームを踏みます。

甲斐適時打2

4回には甲斐隼選手(3年)のライトへの三塁打で1点を加えてリードを広げます。

青豊・大久保青豊は6回からリリーフに大久保遥貴投手(3年)を送り込みます。

青豊生還青豊も6回、その大久保選手の2塁打で1点を返して、1点差に迫ります。

筑紫勝利

筑紫スタンド

しかし青豊の反撃もここまで。7回・8回で筑紫が6点をあげて8回コールドで試合終了となりました。筑紫スタンドは効果斉唱にあわせて何やら白いタオルが…。よく見るとエンジ色で「筑紫魂」の文字が染め抜かれていました。…(つづく)