7月19日の第2試合はプロ注目の西短大付・小野投手を擁する西日本短大付と、ベテラン・杉山監督のもとで力をつけてきた東海大五の一戦。東海大五が先制する展開となり、中盤まで1点を争う好ゲームとなりましたが、終盤突き放した西短大付が小野投手の力投で東海大五の反撃を封じてベスト8に進出しました。西日本短大付は準々決勝で九州国際大付と対戦します。

観戦レポート / 第96回全国高校野球選手権大会 5回戦 (2014年7月19日・土/筑豊緑地野球場)
TEAM   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10   R H E
西 短    12  
東海五       4
【西】小野-高岩 (本)川路2(二)武富、高岩、川路

【東】粟田、大森、松尾、吉武-赤松、永富 (二)末松、岩城

西短・小野4

9回2失点完投の西短大付・小野投手

【西短大付】打安点  【東海大五】打安点
⑦ 大 曲 610  ④ 門 田 510
⑤ 上 村 300  ⑦ 有 安 200
④ 中 島 310  3 印 藤 000
⑨ 武 富 311  ⑧9寺 崎 411
② 高 岩 312  ⑤ 岩 城 411
⑧ 松 見 101  ③7末 松 420
⑥ 森 上 310  ⑨ 千登勢 301
③ 川 路 546  8 蛭 田 100
① 小 野 401  ⑥ 甲 斐 300
           6 吉 田 000
           H 土 屋 110
           ② 赤 松 300
           2 永 富 000
           H 上 石 110
           ① 粟 田 300
           1 大 森 000
           1 松 尾 000
           1 吉 武 000
振四犠盗残  31911  振四犠盗残 35 8 4
79637      105009

東海五・岩城生還

2回裏東海五無死2,3塁、千登勢の遊ゴロで岩城生還

 西短大付が8番・川路の2本の本塁打で東海大五を逆転、終盤に大量点を奪ってそのまま逃げ切った。
 4回まで東海大五の先発・粟田の前にノーヒットに抑えられていた西短大付は5回、この回先頭の松見が四球で出ると森上が送って一死二塁とすると、川路がレフトフェンスをライナーで越す本塁打を放って逆転。同点とされた7回表には二死から再び川路が左翼後方に本塁打を放って勝ち越した。
 8回には大曲が敵失、上村が四球で出塁すると中島の三塁前バントが内野安打となって無死満塁。武富は浅い中飛に倒れたが高岩が押し出しの四球を選んでまず1点。続く松見がセンターに犠牲フライを放って2点目。森下四球のあと、川路も三遊間を破るタイムリーでさらに1点を加えて、東海大五を突き放した。

 9回にはこの回からマウンドに上がった左腕・大森を攻め、中前打で出た大曲がボークで二進、上村が送って一死三塁。四球で歩いた中島が盗塁を決めて一死二、三塁として、暴投でまず1点。さらに武富の左中間を破る二塁打で中島も還り2点目をあげて大森をKOした。一死二塁から登板した3番手の松尾からも高岩が左中間二塁打で3点目。さらに松見の四球と森上の右前打で満塁とすると、川路がこの日6打点目となる2点タイムリー二塁打を右翼越しに放って2点を追加。小野がスクイズを決めて勝負を決めた。

 東海大五は2回、岩城の四球と末松のライトオーバーの二塁打で無死二、三塁とし、千登勢の遊ゴロの間に岩城が還って先制。逆転された6回には、四球で出た有安を二塁に置いて、岩城が右翼線に二塁打を放って同点に追いついた。だが2回、6回ともその後追加点が奪えず、粘り強い投球を続けてきた先発・粟田を援護できなかった。

 西短大付の小野は7安打と5つの四球を許しながら、要所では力のある速球と切れのあるスライダーを投じて、最少失点で切り抜けた。

続きを読む