南北8校が激突する県大会が始まりました。その第1戦は九州国際大付と福工大城東というシード校同士の対戦。試合は初回から点を取り合う打撃戦となりましたが、古沢、山本が本塁打を放つなど長打攻勢で突き放した九州国際大付が6回コールドで福工大城東を下し、ベスト8に一番乗りしました。

観戦レポート / 第96回全国高校野球選手権大会 5回戦 (2014年7月19日・土/筑豊緑地野球場)
TEAM   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10   R  H E
九国付          11 12 
城 東            1  5
【九】滝、安藤-清水 (本)古沢、山本(三)古沢(二)中尾、古沢

【城】貞許、古村、須山-山川 (三)黒田(二)江良

九国・山本生還

九国大付3回2死2,3塁。山本が左翼本塁打を放ち生還

【九国大付】打安点  【城 東】 打安点
④ 中 尾 420  ⑥ 江 良 210
⑨ 河 口 320  ⑧ 岡 部 100
⑥ 古 沢 445  ⑤ 池 田 300
② 清 水 311  ② 山 川 200
⑧ 疋 田 412  ⑨ 平 山 321
⑤ 山 本 413  ⑦ 高 山 100
⑦ 中 谷 000  1 古 村 100
7 岩 崎 300  1 須 山 000
①  滝  000  H 黒 田 110

九国・古沢サイクル達成

九国大付6回1死1,2塁。古沢中前打でサイクル安打

1 安 藤 300  ①7貞 許 320
③ 小 林 210  ③ 竹 本 110
R3青 木 000  H 澄 川 100
           ④ 石 橋 100
振四犠盗残 301211  振四犠盗残  20 7 1
52104      32407

 九州国際大付が3番・古沢がサイクルヒットを記録するなど打線が爆発、6回コールドで福工大城東を圧倒した。

 初回、九州国際大付は先頭の中尾が右中間を破る二塁打で出ると、河口が送った一死三塁から、古沢が右中間へ三塁打を放ち先制。3回には二死から河口が中前打で出塁。古沢の左前打でフルカウントのため自動スタートを切っていた河口が一気に三塁へ、古沢も二塁へ達し(記録は二塁打)二、三塁とすると、清水は敬遠気味の四球で満塁。ここで疋田がしぶとく中前に落として2者が生還して勝ち越した。さらに二死二、三塁から山本がレフトオーバーの3ラン本塁打を放って、この回大量5点をあげて大勢を決めた。

 4回も九州国際大付は攻撃の手を緩めない。一死後小林が中前打、中尾のセカンド前へのプッシュバントが内野安打となり一死一、二塁。河口は三振に倒れたが、ここで交代した福工大城東の2番手・古村から、古沢がレフトに特大の一発を放って3点を追加した。6回には一死一塁から河口、古沢の連打で1点を加え、代わった3番手・須山から清水も左前に落ちるタイムリーでさらに1点をあげてダメを押した。
 先発の滝は初回4人を投げたところで早々と降板。後を受けた安藤が1点を失ったものの、大量点に守られての思い切りのよい投球で、その後は失点を許さなかった。

 福工大城東は初回、先頭の江良が左中間二塁打で出ると犠打で三進。池田は投直に倒れたが、山川が死球で歩き二死一、三塁。ここで代わった安藤から平山がセンター前にはじき返してすかさず同点に追いついた。2回も投手強襲安打で出た貞許を二つの犠打で三塁まで進めたが、江良がセンターライナーに倒れ勝ち越せなかった。大差がついてからも4回二死一、二塁、5回一死二塁と得点圏に走者を進めたがあと一本が出ず。6回も無死一塁から、代打・黒田がセンターオーバーの当たりを放ち、一塁走者の平山が本塁を突いたがタッチアウト。シード校対決は思わぬ大差で幕を下ろした。

続きを読む