15日の小郡市野球場の第2試合には、春季福岡県大会の優勝校・東福岡が登場しました。相手は甲子園出場経験があり昨夏ベスト4の強豪・九産大九州。試合は序盤、東福岡・浜田、九産大九州・清水がそれぞれ持ち味を発揮して投手戦となりました。しかし5回、東福岡は3つの四死球で先制すると、7回・8回にもタイムリーで追加点を加えて一気に勝負をつけました。

観戦レポート / 第96回全国高校野球選手権大会 4回戦 (2014年7月15日・火/小郡市野球場)
TAEM   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  R H E
東福岡           

九 州                 
【東】浜田-河野      (二)日野 
【九】清水、山形、永田-藤 (二)黒木

東福岡佐藤適時打

7回東福岡1死2,3塁。佐藤の右前適時打で2点目

【東福岡】 打安点【九産大九州】打安点
⑨ 佐 藤 322 ⑤ 井 上 400
⑦ 大 木 100 ④  向  400
H⑺久 我 201 ⑧ 黒 木 410
7 保 坂 000 ⑦ 後藤聡 400
⑤ 楠八重 400 ②  藤  300
③ 井 上 310 ③ 田 川 300
R 日 高 000 ⑨ 後藤勇 210
⑶ 山 本 000 ① 清 水 200
⑧ 日 野 511 ⑴ 山 形 000
⑥ 吉 村 400 H 松 田 100
④ 山 田 320 ⑴ 永 田 000
② 河 野 201 ⑥ 川 畑 200
① 浜 田 200 H⑹大 野 100  
振四犠盗残 29 6 5  振四犠盗残  29 2 0
49429     51104


 前半は投手戦となったが、中盤以降に相手のわずかな隙を見逃さなかった東福岡が、左腕・浜田の好投もあって快勝した。

 4回まで九産大九州の先発・清水の前に無安打だった東福岡は5回、先頭の山田が中前に初ヒット。河野も四球で出塁すると浜田が送って一死二、三塁。佐藤も死球で出塁した後、代打・久我が押し出しの四球を選んで先制した。7回も先頭の山田が三塁強襲ヒットで出塁。河野のバントはフィルダースチョイスとなり浜田が送って一死二、三塁とすると、佐藤が一二塁間を破るタイムリーヒットを放って1点を加えた。8回にも日野、佐藤のタイムリーなどで決定的な4点を加えて突き放した。
東福岡の先発・浜田は2安打1四球のほぼ完ぺきな内容で九産大九州打線を封じ、完封した。

 九産大九州は1回、黒木のライト線に落ちる二塁打とボークで二死三塁のチャンスを作ったが無得点。5回にも後藤勇がカーブを中前にはじき返して出塁、犠打で二死二塁としたが後続が抑えらえた。その後はチャンスらしいチャンスもなく、浜田に封じられた。
先発した右サイドハンドの清水はキレのある直球を右打者の外角低めに決め、スピードを落としたカーブをうまく使って4回まで無安打に抑えていたが、5回に2つの死球を与えてリズムを崩した。

 降雨の後でグラウンドが固く、バントや内野ゴロは打球の勢いが殺される場面が多かったが、両校とも無失策で守りきった。序盤の投手戦も見応え十分で、後半に点差は開いたもののハイレベルな一戦だった。

続きを読む