地区大会も大詰めを迎えていますが、15日も雨にたたられ、試合が成立したのは3試合のみ。そのうちの1試合、柳川と修猷館の対戦は途中、降雨のため1時間20分の中断を挟んでの実施となりました。試合は中盤の長打攻勢でたたみかけた柳川が、中盤以降は修猷館の反撃を許さず快勝、県大会出場を決めました。

観戦レポート / 第96回全国高校野球選手権大会 4回戦 (2014年7月15日・火/小郡市野球場)
TAEM   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  R  H E
修猷館           2 

柳 川                10 
【修】青木、藤崎-三宅 (二)塩手
【柳】高椋、柿木-下川 (三)長谷川、鳴神(二)坂本

柳川坂本適時打

柳川4回1死2塁、坂本が左翼越え三塁打を放つ

【修猷館】 打安点  【柳川】 打安点
⑧ 陣 内 210 ⑧ 岸 本 412
⑥  藤  300 ⑥ 坂 本 521
③ 塩 手 411 ⑦ 長谷川 412
⑦ 池 尻 400 ③ 野 田 410
⑤ 本 石 400 ⑨ 鳴 神 320
⑨ 桑 野 200 R⑼今 村 000
H 廣 池 100 ④ 寺 崎 311
⑼ 古 川 100 ⑤ 古 賀 300
② 三 宅 300 ② 下 川 310
H 石 塚 100 ① 高 椋 000
④ 山 本 200 H 安 永 110
⑷ 田 中 000 R 池 上 000
① 青 木 000 ① 柿 木 000
⑴ 藤 崎 200            
振 四犠盗残 29 2 1  振四犠盗残30 10 6
144006     24437


 雨で1時間20分の中断を挟んで行われた試合は、柳川が中盤の集中打で逆転、投げては高椋が8回まで2安打・12奪三振の力投を見せ、修猷館を圧倒した。

 1点を追う柳川は3回、この回先頭の古賀が四球で出塁。下川の三塁前バントが相手の失策を誘い無死一、二塁。高椋が送った一死二、三塁から岸本の三塁ゴロが再び失策を招いてまず同点。坂本は遊飛に倒れたが、長谷川の右中間を破る三塁打で2者が還って逆転に成功、長谷川も暴投で生還してこの回4点をあげた。
 続く4回にも死球で出た下川を高椋が送って一死二塁。ここで岸本が右中間にタイムリー、坂本もレフトオーバーのタイムリー二塁打で2点を追加した。5回には2番手・藤崎から先頭の鳴神が右翼線三塁打で出塁すると、寺崎がスクイズを決めて突き放した。

 修猷館は柳川先発・高椋の立ち上がりを攻め、四球の走者を置いて塩手がタイムリーを放って先制した。しかし逆転された4回以降は立ち直った高椋の前に、4回~7回までいずれも三者凡退に抑えられ、反撃の糸口をつかめなかった。8回一死から四球と打撃妨害で最後のチャンスを作ったが、3番・塩手、4番・池尻がいずれも変化球で連続三振に打ち取られ、得点できなかった。

 修猷館先発の青木は2回まで三人で抑えていたが、3回・4回と真ん中に球が集まったところを痛打された。6点目を失った4回一死からマウンドにあがった藤崎は、毎回走者を背負いながらもコーナーに丁寧に投げ分け、6回以降は得点を与えなかったが打線が高椋を攻略できなかった。

続きを読む