梅雨の合間をぬって行わた大会2日目の8日は湿度が高く蒸し暑い一日となりましたが、7球場で21試合が行われました。春日公園野球場の第3試合には優勝候補の一角・西日本短大付が登場。エース・小野投手が福岡打線を2安打完封し、7回コールドで3回戦に進出しました。

第96回全国高校野球選手権大会 2回戦 (2014年7月8日・火/春日公園野球場)
西短・小野3

西短大付・小野投手

TEAM   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  R H E
福 岡             
西 短           
【福】刀根、井土、林-町田 

【西】小野-高岩 (本)大曲(二)高岩

【福 岡】 打安点 【西短大付】打安点
⑧ 東 園 300 ⑦ 大 曲 314
⑦ 荒 井 310 ⑤ 上 村 201
⑤ 田 中 300 ④ 中 島 201
③ 国 信 210 ⑨ 武 富 211
⑥ 安 武 100 ③ 川 路 200
⑨ 五 藤 300 ⑧ 松 見 310
② 町 田 200 ⑥ 森 上 300
④ 岡 部 200 ② 高 岩 321
① 刀 根 000 ① 小 野 200
1 井 土 100
打 西 田 000
走 馬 場 000
1  林  000          
振球犠盗残 20 20 振 球 犠盗 残 22 5 8
93113     514 11 11          

 西日本短大付が福岡投手陣の制球難に乗じて得点を重ね、7回コールドで完勝した。

 西日本短大付は1回、福岡先発・刀根の立ち上がりを攻め、2四球と武富の犠飛で先制。2回には一死から高岩のレフト前に落ちる二塁打の後、3連続四球による押し出しでまず1点。刀根をリリーフした井土から中島も四球を選び、この回2点を加えた。3、4回は井土を攻めあぐんだが5回、この回先頭の武富が中前にクリーンヒット。続く川路の投ゴロを井土が二塁に悪送球し無死一、二塁。松見の三塁前のバントが内野安打となり満塁とし一死後、高岩が三遊間を破って1点を追加した。6回の一死満塁は併殺で得点できなかったが7回に3四死球で無死満塁とすると、大曲がレフトスタンドに満塁本塁打を放って勝負を決めた。投げては先発・小野が6回まで3四死球のみの無安打投球。7回には2本の単打を浴びたが、後続を抑えて福岡打線を完封した。

 福岡は何といっても投手陣が14四死球を与える乱調が響いた。2回途中から登板した2番手の左腕・井土は、カーブを有効に使って3回1/3を自責点1に抑える投球を見せ、気を吐いた。打線は小野の速球に振り遅れる場面が目立った。7回に荒井がセンター前に初めて快打を放ち、一死後には国信も直球をあわせて左前に落としたが、後続が抑えられた。

続きを見る